もしかして臭ってる…?

歯周病対策をしてきれいな息をめざしましょう

他人の口臭って気になりますね。

でも、自分の息のニオイは大丈夫ですか?
口臭対策にガムをかんだり、マウススプレーをこまめにしている人もいることでしょう。

でも、口臭の原因が歯周病だとしたら、そのような口臭対策はあまり意味がないかもしれません。

ひどい口臭の原因のほとんどは歯周病

口臭の原因には色々ありますが、歯周病から来る口臭は特にひどいことで知られています。逆にいうと、ひどい口臭がある場合、そのほとんどは歯周病からきていると言ってもいいでしょう。

口臭というのは誰にでも起こるもので、特に朝起きた時などはたいていどんな人でも臭うものです。また、ニンニクやアルコールなどを摂取した後は誰でも臭います。

しかし、このような口臭は一時的なもので、歯磨きをしたり、食事をしたり、時間が経てば消えてなくなるものです。ですが、歯周病の口臭の場合、歯磨きをしたとしてもそう簡単には臭いが消えず、絶えず臭いがつきまといます。

歯周病の口臭はなぜ特にひどい?

なぜ歯周病の口臭は特にひどいのでしょう?
それは歯周病を引き起こしている細菌に原因があります。

歯周病は進行するにつれ、歯周ポケットと呼ばれる歯茎の溝が深くなり、その「溝の中」という空気が少ない環境を好む歯周病細菌が活発になり、非常に臭いガスを放ちます。

それが歯周病の口臭の悪臭のもとであり、よく「ドブの匂い」「大便の臭い」というように例えられます。

歯周病治療で口臭が改善

歯周ポケットに細菌が溜まったままだと、いくら歯磨きをしようが、ガムをかもうが、マウススプレーをしようが、臭いは消えません。

臭いを根本的になくすためには歯周病治療を定期的に行う必要があります。
ぜひ覚えておいてくださいね。

ハッピースマイル歯科までお気軽にご相談ください。

お電話