入れ歯のお手入れ方法

入れ歯は人工の歯ですが、ご自分の歯のように、汚れや歯垢が付いてくるものです。きちんとお手入れ方法を行わないと、口臭や、汚れや歯石の付着、歯茎の炎症などを起こす原因になります。入れ歯を快適に使い続けるために、正しいお手入れ方法を身につけましょう。

食事の後のお手入れ方法

お口から外して洗う

食後のお手入れは、なるべくお口から外して行いましょう。落として壊したり、排水溝に流してしまわないよう、洗面器などに水を入れ、その上で行いましょう。

歯磨き粉はつけず、流水下で洗う

歯磨き粉をつけると、研磨剤で入れ歯が傷つき、細菌繁殖の原因になるので、歯磨き粉はつけずに磨きましょう。ブラシは入れ歯専用のものがオススメです。特に汚れの溜まりやすい入れ歯の内側、歯と歯の間、そして部分入れ歯の場合には金具の部分も念入りに磨きましょう。

夜寝る前のお手入れ方法

お口から外して洗う

夜寝る前に、一度外して洗面器に水を張り、流水下にて入れ歯専用ブラシで食べカスなどをよく洗います。

入れ歯洗浄剤につけて除菌する

ブラッシングだけでは入れ歯についた細菌やカビなどを取り切れないため、しっかりと除菌するために、1日に1回、入れ歯洗浄剤に浸すことをお勧めします。この時、熱いお湯は入れ歯を変形させますので、決して使用せず、ぬるま湯を使用してください。浸す時間は使う製品の使用方法に従ってください。

入れ歯専用ブラシで洗浄剤と汚れを落とす

入れ歯を取り出し、流水下で入れ歯専用ブラシを使って、洗浄剤と浮き上がった汚れを取り除いていきます。

入れ歯の保管

就寝中に入れ歯を入れるかどうかは、お口の状況にもよりますので、担当医に確認しましょう。外しておく場合には、乾燥しないように水中に保管します。

ハッピースマイル歯科までお気軽にご相談ください。

お電話